コンテンツへスキップ
川井田健晃

川井田健晃

川井田健晃は、記号や文字からその意味・内容を排除し“記述するという行為”だけを残すことで、「線の仕草」を抽出することを目的としている。
”描写”によるものとは違い、”記述”による線形には意思の存在を感じさせる癖が表れる。

画一化された自己表現のフレームを強要される現代において、「線の仕草」が有する存在性は、アイデンティティの構築に寄与するものと考えている。

Newsletter